ハワイのウエディング・挙式

参列者も必見☆海外ウェディングのゲスト衣装や髪型に関する悩みを解決!

この記事ではハワイ挙式に参列する際の服装や髪型に関してリゾートウェディングプランナーの経験を持つ私がご紹介します。

もし、あなたがハワイの結婚式に招待されていたり、今後ハワイアンウェディングを予定していてゲストにどんな案内をすればいいのか不安をお持ちであれば是非読み進めていってください★

 ハワイの結婚式 持ち物は?招待状や席札やしおりは?花はどんなものがいいのかについても!
この記事を読むことのメリット☆
  1. 海外ウェディングの参列で何を着ればいいかわかる
  2. どんな髪型にすればいいか注意点を知れる
  3. ハワイウェディングの押さえるべき参列マナーを知れる

最近では家族挙式というように、盛大に大人数を招待する結婚式ではなく、身内・親戚とごく親しい友人数名を招待して行う結婚式が多くなってきました。

同じように新婚旅行を兼ねて海外で親族だけでを招待し、結婚式をする方も増えています。
ですが、海外の結婚式に慣れている人はそう多くはありません。

今回はハワイの結婚式に参列するなら押さえておくべきポイントを髪型から足先までをご紹介をしていきます!
初めて海外挙式への参列で不安に感じている方も、楽しい1日を過ごせるように是非参考にしてみてください★

ハワイアンウェディングではどんな服を着て参列すればいいの?

招待状が届いたときに“何を着ていこうかな?”と考える人も多いかと思います。
招待状にドレスコードの指定があった場合や、国内挙式であれば問題ありませんが、海外ウェディングでドレスコード表記がなかった場合は頭を抱えてしまいます。
あまり経験のないハワイの結婚式に参列になるとマナーやふさわしい服装が気になります。

凛(りん)
凛(りん)
参列するときには国内の結婚式と同じようなパーティードレスでいいのかしら…⁇
結(ゆい)先生
結(ゆい)先生
もちろんそれでもマナー違反ではありません。ですが、国内で着ているようなパーティードレスだとハワイの気候には暑すぎたり、せっかくの南国雰囲気を損ねてしまう場合があります。 

せっかく南国の島での結婚式に参列するならば現地の正装衣装での参列もおススメです♪
日本国内の結婚式では着ることがないハワイの正装衣装ならより一層気分も高まります。
ただ、ほかのゲストとのバランスもあるので、招待状などに服装の記載がなければ一度確認してみることをおススメします。

ハワイアンウェディングで正装って?どんなものがふさわしい?

ハワイでの結婚式でブライズメイドは?余興やスピーチなどの演出は?BGMや両親へのサプライズについても!わからない疑問を解決☆

新郎新婦からの指定があるようであればその指定に合わせる形が一番です。
指定がない場合はハワイの正装衣装を着れば間違いないです。

結(ゆい)先生
結(ゆい)先生
ズバリ★ハワイの正装というのは「ムームー」「アロハシャツ」と言われるものです。

一見、カジュアルに見えるので“結婚式の参列で着るのは抵抗がある…”という方も中にはいらっしゃいますが、ハワイでは正装になりますので婚礼で着用しても問題ありません。
それにムームー・アロハシャツは色やデザインが豊富にあります。
ホワイトは新郎新婦の色になるので、原則タブーなので避けておくのが無難です。
ただ、あえて白地に赤や青の花がプリントされているものを両家で揃えるケースもあるので不安な場合は事前に新郎新婦へ確認しましょう。

どこで入手する?それぞれのメリットデメリットを紹介☆

ウエディングノートの素材をセリアで手に入れる!おすすめの使い方は?

購入をする場合は現地での入手以外にネットで事前に購入することも可能です。
準備期間や、性格によっても購入方法は変わってきますし、それぞれのメリット・デメリットがあるので自分に合った方法で入手しましょう★

現地調達とネット注文のメリットとデメリット
  • 現地で購入した際のメリット
    →サイズ感や素材感を直接確認することができる。
    値引き交渉で安くなる場合もある。
  • 現地で購入した際のデメリット
    →気に入ったものが無くても購入しなければいけない。
    持参した小物と合わない場合もある。
  • ネット注文した際のメリット
    →出発前にトータルコーディネートの確認ができる
    日本語に対応したサイトも多く安心
  • ネット注文した際のデメリット
    →サイズ感が合わない場合がある。
    余裕を持って注文しないと出発までに届かないこともある

例えば、現地での滞在時間が短くすぐに帰国する場合は事前のネット購入がおススメですし、現地ではお買い物を楽しみたい方は現地購入がいいでしょう。

凛(りん)
凛(りん)
1回しか着ないかもしれないから購入にはちょっと抵抗があるし、費用は押さえたいな…
結(ゆい)先生
結(ゆい)先生
そんなときはレンタルすることもできるから、購入しなくてもムームーを着ることができます♪

新郎新婦が結婚式を契約しているブライダル会社によっては、参列者衣装のレンタルを行っている場合もあります。
この場合は新郎新婦を通して注文する形になるので事前に新郎新婦へ確認してみましょう。

もし、レンタルを行っていない会社でもハワイには参列者衣装のレンタルを行っている日本人のスタッフがいる会社もあるので気になる方は是非調べてみてください★

参列者衣装の購入とレンタルのメリットとデメリット
  • 購入のメリット
    →自分の物になるので装飾やリメイクもできる
    ハワイ旅行の記念(お土産)にもなる
    滞在中何度も着ることができる
  • 購入のデメリット
    →国内では着る機会がないので他の使い道に困る
    1回しか着ないのであればコスパが悪くなってしまうことも…
  • レンタルのメリット
    →帰国時の荷物になることもない
    クローゼットの中を増やさない
  • レンタルのデメリット
    →デザインやサイズが少なく好みのものが無い場合もある
    式の日しか着られず観光中は着られない

結(ゆい)先生
結(ゆい)先生
それぞれのメリット・デメリットがあるので自分に合った入手方法で素敵な1日を過ごしてください☆

正装衣装ってどんな格好?(女性の場合)

女性の場合は「ムームー」と言われるワンピースタイプで様々なデザインがあります。
丈は、膝上やマキシ丈のタイプもあり、肩の部分は、丸く膨らんでいるタイプやノースリーブで首の後ろで結ぶタイプがあります。
インナーが心配な場合は「ヌーブラ」や「透明のストラップ」の持参がおススメです。

また、会食に同席される場合はストールやカーディガンなどの何か羽織れるものを1つ持参するのがいいです。
挙式や、集合写真では問題ないのですが、レストラン内だと冷房が強く肌寒く感じることもありますし日差しが強いので日焼け防止にもなります。

足元はビーチサンダルやクロックスはNGです。できればパンプスなどのヒールものが好ましいですが、ビーチ撮影に参加する場合は砂にヒール部分が埋まってしまい歩きにくく危険なのでフラットなものでもマナー違反にはなりません。

正装衣装ってどんな格好?(男性の場合)

結婚式の小物のレンタルでメンズは?新郎はどんなものが借りられるの?

男性の場合は「アロハシャツ」です。
シャツの裾をズボンに入れベルトをするとハワイの正装の完成です。

下に合わせるのはチノパンやスラックスなどのロングパンツを合わせるのが一般的です。
ズボンの色はグレーや、ベージュ・白にするとよりアロハシャツが引き立ち、よりリゾート感を感じられておススメです。

足元はつま先の隠れている靴を選べば間違いありませんがスニーカーやクロックス等は避けましょう。
かといって革靴をもっていくのは面倒…という事であれば、スリッポンやデッキシューズのようなタイプがおススメです。

異国の地でヘアセットは出来る?気を付けるべきポイントは?

ハワイの結婚式場の予約は?ベストシーズンは?魅力的な理由についても詳しく紹介します☆
結(ゆい)先生
結(ゆい)先生
髪型に関しては海外ならではの問題が出てきます。
…それは、ヘアセットできる美容室がないことです。

ハワイアンウェディングでは宿泊した部屋に美容スタッフが来て支度を整えて教会に向かうため、新郎新婦のほとんどが宿泊ホテルで支度をします。

場合によっては現地のサロンでヘアメイクしたり、ホテルウェディングだと専用の部屋でお支度になりますが、基本的には宿泊した部屋で支度をします。
そのため、国内の参列時の様に参列者ヘアセットを式場で申し込める…なんてことはほとんどありません。
かといって現地の美容室に行くのは不安な方も多いはず。
そのため自分自身でのヘアセットをされる方がほとんどになります。

凛(りん)
凛(りん)
それじゃ、どんな事に気を付けてヘアセットをすればいいの?
  • ハワイは風が強いのでしっかり固定をする
  • ダウンスタイルを希望であればハーフアップにする
  • 大きすぎる髪飾りは避け、小ぶりな物にする

海辺に近いチャペルの場合やビーチ撮影に参加する場合などは特に風が強いので注意です。髪の長い方は巻きおろしやダウンスタイルにした場合だと風で髪が舞い上がったりするのでダウンスタイルであればハーフアップにすることをおススメします!

最近ではネットに動画でセルフヘアセットのやり方も多く掲載されておりますので
自分の髪質は長さに合ったものを見つけて練習しておくのも一つの手段です。

「なかなか時間が無くて難しい…」という方には簡単にアレンジのできるコームを使用したりカチューシャを使うのがおススメです。

どうしてもご自身でのヘアセットが難しい場合はゲスト同士で行ったり、ホテルやブライダル会社によっては対応してくれるところもあるので新郎新婦にホテルなどでヘアセットできないか確認をしてみてください。

ポイントを押さえてとびっきりコーディネートで楽しもう☆


この記事では海外ウェディングのゲスト衣装や髪型に関してご紹介しました。

ハワイアンウェディングの参列で押さえておくべきポイント
  • 「ムームー」や「アロハシャツ」を着る場合は華やかな明るい色味を選ぶ
  • ヘアセットは基本的に自分で行う為、風が強いことを想定し乱れにくい髪型にする
  • 女性はストールやカーディガン等羽織れるものを持参すると安心
  • 男性は革靴だけでなく、デッキシューズやスリッポンも可

挙式を行う会場によっては服装の指定があったり、新郎新婦からなにか指定がある場合もあります。
招待状に服装の事に関して何も記載がなくて不安に感じる場合は新郎新婦に確認することをお勧めします。

慣れない海外ウェディングの参列は不安なこともあるかと思います。
ですがポイントさえ押さえてしまえば、身軽に海外ウェディングを楽しむことができます。ゲストが楽しんでいないと新郎新婦も楽しめないので招待する方も、される方も互いに思いやりながら準備を進めていただければと思います。

今回は参列に関するポイントをご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください★

ABOUT ME
ひより
ひより
はじめまして。新米ライターのひよりと申します。記事を読んで頂きありがとうございます。以前はリゾートウェディングプランナーとして結婚式のお手伝いをさせていただきました。自身の結婚を機に退職をし、今は「1人でも多くの方に素敵な結婚式を挙げてほしい」と思いライターとしてお手伝いをさせて頂いております。プランナーとして葛藤した日々と自身も卒花した1人として皆様にお力添えができたらと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。